専業主婦 消費者金融

MENU

専業主婦が消費者金融からキャッシングできない理由とは?

消費者金融各社で若干対応の違いはありますが、融資をするための前提として「ある程度の決まった収入」があることを定めている消費者金融が多いのが現状です。
その前提を考えた時に「専業主婦」というのはアルバイトやパートをしていなければ決まった収入がないとみなされてしまうので、融資を断られてしまうケースが多いのです。
「配偶者貸付」などを実施している業者もありますが基本的に少数派であり、金利も普通の消費者金融よりも割高なことが多いです。
ですので専業主婦は一般的なキャッシングを行うことは難しい、という考え方を根底に持っておいた方が良いでしょう。
しかし専業主婦でも急な出費に対応しなければならないような事態に陥ることもあるはずです。
少しパートをして自分の収入を作ってしまえば早いのですが、色々なしがらみ(旦那や近所の目)がある人も多い事でしょう。
そんな人はどうやってお金を借りるべきなのか?を次の項目でしっかりと説明してきます。

専業主婦でも利用できる、総量規制対象外の銀行カードローンを使う!

収入のない専業主婦でもお金をかりたい!でも消費者金融からは借りられない!一体どうすれば…?
その対処方法が「銀行のカードローンを利用する」です。
消費者金融などから借り入れを続けて返済できなくなっている人が増え続けているといったような問題を受けて、2010年に貸金業法が改正され年収の1/3以上の金額のキャッシングはできなくなってしまいました。
専業主婦のキャッシングが難しい理由の一端はここにもあるんですね。
しかしこの貸金業法というのは貸金業者を対象とするものであり、貸金業者ではない銀行のカードローンはその対象外なのです。
なので総量規制対象外の銀行カードローンなら本人に収入がなくても申し込みができるんですね。

 

中には本人に収入があることを前提条件にしているカードローンも存在しますが、ほとんどのカードローンは配偶者である夫に安定収入があれば申し込むことが可能です。
また、銀行のカードローンは消費者金融でのキャッシングなどと比べてみても上限金利・下限金利共に低いところが多いというメリットもあります。
無収入の専業主婦で急な出費に対応しないとダメな時は銀行カードローンが使える、という事を覚えておきましょう。