カードローン 最低返済額

MENU

月々の返済金額はいくら?無理なく返済できる設定が大切

カードローンを利用した場合、借りた金額を分割で返済していく場合が多いです。
その際、月々の返済金額はどれぐらいになるのでしょうか。本当に無理なく返済することができるのか?気になるところですよね。
では、実際にいくつかのパターンで最低返済金額を見ていきましょう。

10万円借りた場合

みずほ銀行カードローン 月々10,000円〜
三井住友銀行カードローン 月々10,000円〜
新生銀行カードローン レイク 月々3000円〜

70万円借りた場合

みずほ銀行カードローン 月々20,000円〜
三井住友銀行カードローン 月々15,000円〜
新生銀行カードローン レイク 月々18,000円〜

このような最低返済額の設定となっています。
金融機関によって多少の違いはありますが、消費者金融と銀行カードローンを比較すると消費者金融のほうが少額での利用なら返済金額も少なくて済むが、額が増えるにつれて返済金額が一気に増えるというイメージでしょうか。
しかしこれぐらいの金額なら専業主婦でも普通に毎月返済できるぐらいの範囲に収まっているので安心ですね♪

最低返済額のみの返済だと結果的に支払う金額が多くなる!

もちろん月々の返済が少ないほうが、その瞬間の負担が少ないのは言うまでもありません。
しかし長い目で見た時には実は最低返済金額をずっと払っている方が不利なんです。
消費者金融や銀行カードローンは「残高スライドリボルビング方式」という方式を採用しているところが多いのですが、この方式は債務残高に応じて最低返済金額が変動していく方式になっています。
そのため、毎月最低返済金額しか払っていないと元本の返済に寄与する金額も少なくなってしまい、結果的に長期間支払いが続くことになるのでその分利子を多く支払っていることになるんですね。

 

例えば、10万円を「みずほ銀行カードローン」で借りて最初の返済日に、最低返済額の10,000円を返済したとします。
10,000円を返済したから残りは9万円+利息分、次回に10,000円を返済したら8万円+利息分......と利息分が一定額になる「分割払い」のような感覚になってしまいがちですが、この考えは非常に危険!

 

というのも「残高スライドリボルビング方式」(リボ払い)では、まず最初に借りたお金の10万円に利息がつきます。
その状態で最初の返済日に10,000円返済した場合、(10万円+利息)-10,000円の返済になり、残っている借入額全額に利息が適用されます、これを繰り返していくので、どこかで大きく返済しないといつまでたっても利息が減って行かないという事態に陥ってしまいます。

 

無理のない範囲で返済していくということはとても大事なのですが、余裕のある時には最低返済金額に少し上乗せした金額を返済してやった方が長い目で見た時にトータルでの支払い金額が減って楽なのは間違いありません。