カードローン 利用明細

MENU

web取引はバレにくく安心!でも利用明細という落とし穴がある

カードローンを利用していることを家族や旦那さんにバレたくないことってありますよね。
しかし利用明細書などが家に送られてきてそれを自分が回収する前に誰かに見られてしまう・・・そうなったらおしまいです。
そんな時に役立つのがweb取引です。
大手金融機関であればほとんどのところで、webサービスを取り入れているため、全ての手続きがweb上で終わってしまいます。
こうすれば誰にも見つかることもなく安心ですよね!

 

・・・と言いたいところなのですが、この方法にも実は落とし穴があるんです。
金融機関は相互に提携し合っているところが多いので、他社の提携ATMなどで金融サービスを受けられることが結構あります。
しかし、提携ATMを使ってキャッシングをしてしまうと後日自宅に利用明細書が送られる可能性が大!なんです。
ですので別途明細書の発行が法的に義務付けられていない「店頭の窓口や自社のATM」を利用してサービスを受けるのが一番確かな方法です。

事前にネットから手続きをしておくだけで郵便物のストップが可能!

実際のキャッシング方法の中には便利に使える「振込キャッシング」というサービスがあります。
金融機関に電話をして口座を指定すれば、その口座にすぐさまお金を融資強いてくれるという便利なサービスなのですが、このサービスを利用すると通帳に融資をした機関の名前が印字されるのです。
もちろん例えばアコムの場合「ACセンター」のように一見しただけではどこか分からないような記載の仕方をしてくれますので安心ですが、だからと言って後日自宅にその振込キャッシングの利用明細が届かない、というわけではありません。

 

万全の注意を期すためには、あらかじめ「明細の自宅送付をやめてもらうような設定」をしておきましょう。
「明細書の電子交付サービス」というサービスを利用すれば、明細書は自宅に送られてこずに全てweb上での確認になります。
金融機関のマイページにアクセスすれば設定の変更ができる場合が多いので、変更してしまいましょう。ここまでしておけば安心ですね。
(申し込み時に「web明細サービスを利用する」といった項目を設けている銀行カードローンもあるので、申し込みの項目も見逃さないようにしましょう!)
ただし返済が遅れたりすると書面で勧告が届いたりするので、返済遅延にだけは気を付けないといけません。