カードローン 返済 遅れたら

MENU

カードローンの返済が遅れると起こる事−確実に旦那にバレる!−

督促

旦那さんに内緒でカードローンの契約をすることは可能ですが、返済が遅れてしまうとその限りではありません。
最初に支払遅延が起きた場合であれば、初期遅延という事で電話連絡があり、遅延日数による遅延損害金の支払をするだけで済みます。
しかし、これが何度も繰り返されたり、電話連絡があっても返済がなかったりすると、ハガキや書面による督促状が自宅に届きます。

 

この段階でカードローンが利用停止されますが、これを放置しておくと今度は自宅に支払い督促の取り立てが来る事もあります。
催促も最初は旦那さんのいない時間を見計らってされますが、回数を重ねるうちに旦那さんがいる時間に催促をされることになります。
もともと旦那さんはカードローンの存在を知らなかったはずですから、このようなことが明るみに出るとどうなるかはお分かりでしょう。

 

郵便物などを届けないバレにくい申し込みができるのがレディースローンの魅力なのですが、支払遅延等の問題が起きると、完全にそのことがバレてしまうので、夫婦生活に亀裂が入り下手をすると離婚問題にまで事が大きくなる可能性があります。
そんなリスクを負わない為にも、返済期日にはキッチリと返済する事を心がけないといけませんね。

カードローン返済遅れは遅延損害金+信用急降下のダブルパンチ

カードローンの支払遅延が起きると、その旨が個人信用情報機関に登録されます。
俗に金融事故と言われる事象であり、登録された場合はブラックリストに載った扱いになります。
個人信用情報機関には、カードローン審査だけではなく、クレジットカードや住宅ローンの審査でも返済能力や取引記録の照会のために利用されますから、それ以後はこれらの申込が一切できなくなります。

 

カードローンの支払遅延も、最初の1回程度であれば遅延損害金の支払程度で済み、いきなりブラックリストに載ることはありませんが、何度も繰り返したり、長期化することでブラックリストに載ってしまう確率が上がってしまいます。
これは専業主婦の場合に限った事ではなく、限度額が高い信用力のある人であっても同じことです。

 

借りたお金は遅れる事なく確実に返済しなければいけないことを覚えておく必要があるのはもちろんですが、利用する前には具体的な返済計画を立てることが必須になってきますね。
特に収入がない専業主婦の方の場合は、旦那さんの給料などを見極めて利用することが必要になります。

返済忘れを防止する一番有効な方法は銀行自動引落し!

返済漏れナシ

カードローン返済のうっかり忘れを防止するための特効薬は、返済期日にATM返済をするのではなく、返済支払いを自動引き落としにすることが最も確実だと言えます。
そして、口座残高不足を防ぐためにはカードローン各社が提供しているメールサービスを利用することをお勧めします。
引落の数日前に金融機関から引落の連絡が来れば、口座残高不足による返済忘れもありません。

 

また、できれば自宅のメインバンクを自動引き落とし口座にしていれば、いつもそれなりの残高はあるでしょうから、口座残高不足の心配もほとんどないかと思われます。
もっとも、旦那さんが通帳を確認するような場合は、旦那さんに内緒にすることができないので、あらかじめ旦那さんのチェックが入らない口座を使うようにしましょう!

 

カードローンの利用は、返済計画をしっかり立てることが一番大切ですが、それとともに毎月の返済を忘れずにすることも大切です。
どれだけしっかりと返済計画を立てて、かつ支払資金も準備していても実際に返済できなければ、返済する気がない!と疑われても仕方ありませんね。
事前通知メールや、自動融資のような返済漏れを未然防止に役立つサービスを提供しているカードローン商品がオススメです。