銀行カードローン

MENU

銀行カードローンの借入申込みには本人確認書類+αが必要!

免許証

専業主婦の方が、カードローンを申込もうとした場合の手続きは、他の方に比べて特に変わるわけではありません。
利用申込書を運転免許証などの本人確認書類と一緒に提出するだけでOKなので非常に楽でいいですね。
運転免許証などの本人確認を銀行では徹底していますから、申込をする際には必ず忘れずに持って行く必要があります。

 

書類提出を受けた銀行では、通常通りのカードローン審査を行い、利用可能枠を決定します。
この際、借入限度額によっては追加で給与明細などの収入確認書類が必要になる場合があります。
借入限度額がいくら以上になると収入証明書が必要になるかは銀行により違いますが、あらかじめ銀行のWEBなどで確認しておいた方がいいでしょう。

 

なお、銀行の窓口は日中混み合っていることが多いのですが、最近は銀行でも消費者金融のように無人窓口を設けていることもあるので、あの行列にうんざり!という心配もいりませんね♪
この無人窓口が設置されているかどうかを事前にネットなどで確認しておくと、効率的な申し込みができるので是非覚えておいてください。

一番楽な銀行カードローンの申し込みはネットバンキングを使う!

銀行カードローンを作ろうとした場合、銀行の窓口で申込手続きをしてもいいのですが、ネットバンクの場合はもともと窓口というものはなくて、オンライン口座開設後にカードローンの契約手続きをすることが多いです。
わざわざ混みあっている銀行窓口などに行かなくてもいいので精神的にかなり楽ですね。
また、みずほ銀行のようにあらかじめ返済用口座として普通預金口座を作っておけば、ネットでカードローンの申込手続きが可能です。
面倒な手続きがいらないので、カードローン初心者には非常にオススメ!とはいえ、オンライン口座開設の場合、運転免許証や収入証明書などの必要書類をどうやって確認するのかと疑問に持つ人も少なくないでしょうが、スマホでこれらの書類を撮影し、撮影した画像データをアップロードすることにより提出が可能です。
最近の銀行のカードローンは、経費節減の観点もあり郵送物をゼロにすることを推進しており、利用明細等もオンライン上で確認することができるようになっています。

誰にもバレずに借入したい!そんな人はキャッシュカード兼用型

カード

銀行カードローンを申込む場合、いくつかの商品があり迷う事も多いでしょうが、大きく分けてカードローン専用型とキャッシュカード兼用型の二つがあります。

 

前者は、ローンカード交付のため、新しくカードの受取が必要になりますが、融資限度額が比較的大きいという利点があります。
後者は、ICキャッシュカードにカードローン口座を兼用させたもので、ネット銀行ならではのローン商品です。
ネット銀行の口座開設後に作った利用カードをそのまま使うことができますから、最短即日利用ができますし、郵送物がありません。
さらに、キャッシュカード兼用型の場合は、銀行からの連絡もほぼ来ないのでカードローンを利用していることが旦那さんなどの家族にバレにくい利点があります。

 

ただ、利用可能額が控えめに設定されているという部分が、少し物足りなく感じるかもしれません。
専業主婦の方の場合は、個人信用情報で申込者が無収入であることが容易にわかってしまうので、利用限度額が多くなることは無いと思っておいてください。
それを差し引いたとしても、キャッシュカード兼用型のデメリットよりもメリットの方が断然大きいので、これからカードローンを申し込んでみようかな?と思っている専業主婦の人はひとまずキャッシュカード兼用型を作ってみる事をお勧めします。
>> 専業主婦にオススメ!厳選カードローンはコチラ <<