キャッシング 悪徳業者

MENU

あなたの身近に存在する悪徳金融。こんな手口には要注意!

一昔前と違い最近では、テレビの報道などで悪徳金融に関する話題が出ることは少なくなりました。
これは暴力などを伴った激しい取り立てを行うような業者が減ってきたためです。
しかし、悪徳金融業者はまだまだ存在し、手口もより巧妙になってきています。

 

代表的なものは「クレジットカードの現金化」
「クレジットカードのショッピング枠を使って購入した商品を業者に買い取ってもらう」ことでお金を得るわけなのですが、ショッピング枠を担保にお金を融資しているのと全く同じです。
もちろんショッピング枠と同額のお金を融資してもらえるわけではなく、手数料として20%前後の金額を引かれます。
つまりこれは「月利20%でお金を借りた」のと全く同じ意味になるのです。
これを年利換算するとおよそ235%{20×(365/31)←1月は31日で計算}になり、一般的な消費者金融の上限年利が18%であることを考えるととてつもない数字であることが分かるでしょう。

 

他には「紹介屋」というものが絡んでくるパターンがあります。
低金利の金融業者・審査のいらない金融業者を紹介すると言って紹介料を要求してくるのですが、実際にはそんな業者は存在せず、むしろ普通より割高な金利で契約せざるを得ないようにさせられてしまいます。

主婦が狙われやすい理由!しっかりとした知識を身につけよう!

一般的に消費者金融というのは定職についていてある程度の収入がある人でないと融資をしてくれないので、主婦の人は消費者金融から融資を受けられないケースが多いのです。
しかし「クレジットカードの現金化」というのはクレジットカードさえ持っていれば利用できます。
そして紹介屋というのも普通の消費者金融を利用できない主婦からすれば「そんな業者があるのか!」という気持ちにさせられてしまいますよね。
ですので、こういった悪徳金融業者は主婦の人をターゲットにすることが多いのです。
ではこういった業者に騙されないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

まずは上記したような手口が存在しているということを「知る」ことが一番です。
紹介屋が言ってくるような「金利の安い・審査のいらない消費者金融」など存在するわけがないのです。
次に、そういった手口に出会っても毅然と断ることが大事です。
最後に、金融業者を利用する時には利息・返済方法などをきちんと説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。

  • 悪徳金融の手口を知る
  • もし声を掛けられてもキッパリ断る
  • 金利が明確で合法なキャッシング会社を選ぶ

これらに気を付けるだけで悪徳業者に騙される確率がぐっと下がります。
特にキャッシングに関して無知な主婦をターゲットにする悪徳金融が多いので、たとえ切羽詰っていたとしても冷静に判断しましょうね。